アウトサイダー建築


アウトサイダー番外編 東京三田に「蟻鱒鳶ル」なる自力でビルを建てる男、岡啓輔さんが2005年から作り続けいまだに完成していません。なぜ番外編といいますと岡さんは一級建築士で、違法建築ではないのです。資材調達はホームセンターや独創的な建物をコツコツ一人で制作する姿は、まさにアウトサイダー!写真は5年前に尋ねた時のものなので、今はもっと高くなっていますが、再開発用地になっているため立ち退きを迫られているそうです。


徳島県にもすごいアウトサイダー建築が存在します。その名は「大菩薩峠」オーナーが自分でレンガを焼き自力で作り上げた建築で、奥に進めば天空の城ラピュタに来たような気分になります。入口は喫茶店にもなっているので、ぜひ一度訪れてみて体感して下さい。
詳しくは四国大陸でhttp://459magazine.jp/journey/14641/


アウトサイダー建築の王様!沢田マンションです。手作り集合住宅としては世界最大と言われ、最近は海外からも注目されています。住人でもある岡本明才の秘蔵写真を大量公開
http://lifecolors.co.jp/kiteretsu/sawamanphoto/


高知県アウトサイダー建築の隠れた名所!かなり巨大で、部屋として機能していない部分多数。継ぎはぎと行き当たりばったり感満載です。地元の子どもたちには◯◯(地名)の動く城と呼ばれ親しまれています。


とにかくクーラーの室外機を付けたいがために一生懸命やった結果このような作りになったとしか思えない。恐るべし素人の匠