ロゴ制作の過程


コレンスに新しく入られるテナント「utsuwa s+」さまのロゴを制作させていただいております。

ヒアリング

ロゴを制作するにあたって、下記のようなことをヒアリング。

・ロゴのイメージや印象
・ターゲットの年齢層や性別
・コンセプト
などなど…

ヒアリングした内容からロゴのコンセプトやイメージを膨らませます。

コンセプト

今回は、「器」とはどういうものかというところからコンセプトを固めていきました。

器とは、昔からお皿などの器は人々の暮らしになくてはならないものあり、身近な美術・芸術でもある。そして引き出物やプレゼントとして人々をつなげるものだと考え

・伝統を後世につなげるもの
・人と暮らしをつなげるもの
・美術や芸術をつなげるもの
・人と人をつなげるもの

器=つなげるもの

このコンセプトを基にロゴをデザインしていきました。

ロゴ提案

今回は4つの案をご提案

ロゴのイメージをしやすくするため、梱包する箱にロゴが入ったイメージ画像も作成しました。このほかにも、店舗入り口のガラスなどのイメージ画像も作成しています。

A案とB案で悩みましたが、結果はB案で決定しました。

このB案、パッと見は何を表しているか「?」ですが、実は○○○○をシンボライズしています。何をシンボライズしているかはお店の方にお尋ねください!

ブラッシュアップ

案が決まったら、文字の間隔や曲線などを調整していきます。

最終のロゴはまだ制作中ですが、良いものにしたいと思います。

お店は、4月27日オープンですので是非お越しください。

デザインのお問い合わせはこちら

ロゴ制作の過程
岡本明才

岡本明才

RELATION関連記事

  • 桜井町出店ラッシュ

    コレンスの北に元古道具屋の空き店舗が 何やら工事をしています。 作業台があり、内装工……

    スタッフブログ | 2017/04/28
  • 看板と電球

    菜園場コレンスの看板が分かりにくいとの声が多く充実させるために 細かな情報を載せました。各店舗の詳……

    スタッフブログ | 2017/04/09
  • 電撃のトタン

    全国のトタンマニアのみなさ〜んお待たせしました。 なかなかのトタン物件が現れました。 ……

    スタッフブログ | 2016/05/13
  • D'S STYLEとは...

    間仕切りがなく、自由な間取りが売りのD'S STYLE。しかし子供が成長した時、その部分がマイナスに……

    スタッフブログ | 2017/04/13